FC2ブログ
お気楽倶楽部
遅れてやってきた世紀末のような世相の今日ですが、私たちは負けません。 何があっても自分なりに少しづつでも前に進むのみ! その為には、力を抜いて、お気楽に! ゆっくりと急ぎましょう!!
MicroAd




最新記事



プロフィール

才谷屋龍馬

Author:才谷屋龍馬
なんじゃかんじゃの2008年にはもう飽きました。
楽しい2009年を迎えましょう!!



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAよ、本気で怒れ!!

<全日空機>着陸時、車輪付近から火花 福岡空港
4月17日23時12分配信 毎日新聞

車輪部分のトラブルで福岡空港に引き返した全日空機を調べる関係者=福岡市博多区で2008年4月17日午後3時15分、山下恭二撮影

 17日午後1時50分ごろ、福岡発沖縄行き全日空489便ボーイング767-300型機(乗員乗客149人)が福岡空港を離陸後、車輪の異常を示す表示が出たため引き返し、着陸時に車輪付近から火花が出るトラブルがあった。乗員乗客にけがはなかった。  

 福岡空港事務所や全日空によると、同機は福岡空港を午後1時25分に離陸。車輪を上げたところ、操縦席に左車輪が確実に格納されない表示が出た。着陸後調べたところ、タイヤのブレーキ装置を固定する「ブレーキ・ロッド」と呼ばれる金属の棒(長さ約1メートル)の一端が外れていた。この棒が滑走路に接触し火花が出たという。

 飛行前に同社の整備士が行ったチェックでは異常は見つけられなかったといい、原因を調べている。

=============================================================================================

どんなに整備を続けても、デコボコだらけの滑走路を放置している空港では、骨折り損のなんとやら

整備不良と言うこうとで、事故調は最終報告。ハイ、終わりだろうが

こんな滑走路を走り続けるjetは、たまったもんじゃない。

真実は、いつも隠され、知らされず、万人向けのアナウンスしかされない。


人間が機械を作り、機械が人間に応える。

更に、人間が整備を継続し、機械が更に人間に応える。

しかし、機械は万能ではない。

作るだけでなく、整備するだけでなく、機械が人間に応える為の環境整備こそ大事。


アフィリエイト 私のおすすめ:

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://anti777.blog59.fc2.com/tb.php/252-6bb3a3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。