FC2ブログ
お気楽倶楽部
遅れてやってきた世紀末のような世相の今日ですが、私たちは負けません。 何があっても自分なりに少しづつでも前に進むのみ! その為には、力を抜いて、お気楽に! ゆっくりと急ぎましょう!!
MicroAd




最新記事



プロフィール

才谷屋龍馬

Author:才谷屋龍馬
なんじゃかんじゃの2008年にはもう飽きました。
楽しい2009年を迎えましょう!!



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう悲しみは見たくも聞きたくもない。けれど・・・・
もう天災であれ、人災であれ、人の苦しむ姿を見たくはない。

殆どの人々は、そう思いながら、何故かニュースを見てしまう、聞いてしまう。

地震も台風も水害も、ずっとずっと続いて行くことだろう。

もし、本当にサンダーバードチームが居たとして、いったい彼らはどんな神経してるのだろうか?

毎日毎日人の生き死にと遭遇する。

救助可能な場合より、そうでない場合が多いことだろう。

そう言えば、一つ思い当たる。

ある医療関係者の話。

『そりゃ、最初は思わず泣いてしまったり、自分が情けなくなったりもしたさ。でも、簡単なことにある

時気づいたんだ。医者と言っても元々、神なんかじゃない。ただの人間でしかなく、病気もすれば事故に

も遭遇して怪我することだってある。患者さんも医者のことを神だとは思っていない。だから、力まず

に、自分にできることを精一杯やるしかない。その結果は、それぞれの人間の運命でしかない。時々、神

ぶった。神とか言われる医者もいるようだけど、そう思った時から、彼らは堕落した人間に成るのだと思

う。

助けたいと思う気持ちと、助けられる。と言った結果はまったく因果関係がない。

あるように思う人、言ってる人も居る。でも、僕はそれを否定する。どんなに助けたいと思っても助から

ない人々の方が多い。どうでも良いと思っていても助かる人は助かる。

分からない。ただ、それだけが分かった時、僕は本当の医者に成れたような気がしたよ。』


そして、ある刑事

『月に数人から十数人の仏さんに会うよ。首つりなどの自殺や、事故が多い。もう、何も思わない。

心の中で、手だけは合せながら近づくけど、最近は、それもない。どこか麻痺してるのかもな。仕事だ

し・・・』


地震、台風、色々な交通事故。はたまた『誰でも良かった』などと言っているアホ連中による犯罪。

ウンザリだし、どこまで人間は愚かなのかと、つくづく感じることもある。

所詮、人間も耐久消費財なのか!?

神が居るとは思わないが、居るとして、いったい神は何だと言うのか?

ただただ、分からない。

何の為に、人類はその文化文明を進歩し続けて来たのか。

分からない。

いや、

そのおかげで、同じ災害でも実際に犠牲になる人の数は減っている?のかも知れない。

でも、明らかな異常気象続き、そして、その原因は人類の文明の進歩にある。

年間の世界全体での自殺者や医療過誤などによる人災による犠牲者の数をすべて含めた場合、

当然、闇から闇で統計には上がって来てない犠牲者の数々を参入した場合、

人類の文明の進歩と共に、その数は増え続けて、良くても平行線、どう考えても減っているとは思えな

い。

単純に人口増加率(世界全体)を合わせて考えてみれば、ある程度の数字も出てくると思う。

再び、おちゃらけブログへ戻り(戻っているけど・・)、もう、考えても仕方ないことは考えないように

しょう。

アフィリエイトにでも専念するか!?

思い切ってエロブログにでもするか!?

もう、報道を拒否しても良い頃かも知れない。

知ることは大切だが、繊細な神経の持ち主達は、むしろ、知らない方が良いのかも知れない。

報道見て自殺連鎖が起きている世の中でもある。

報道により、その内容により、あらぬ憎しみ、あらぬ悲しみがねつ造されたり、倍加したり、何等かの

思惑の方向へ、人々が誘導されているように感じることもある。

見ざる、聞かざる、言わざる


昔の人々は、よくよく物事を考える時間があったらしい。

良い言葉を残している。





でも、






俺は、



現代人なので・・・・




見る、聞く、言います。





おやすみなさい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://anti777.blog59.fc2.com/tb.php/168-d9b6cb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。